障害者の就職・仕事さがし応援サイト。障害者の支援機関・制度を利用した仕事探しをご案内します。

 障害者のしごとを創る支援

障害者就業・生活支援センターは、しごとを創り出す取り組みもしています。

   『仕事を創る? 仕事って探すんじゃないの?』


もちろん、ゼロから仕事を創り出すことはできません。

しかし、世の中にはたくさんの仕事があります。

その中から、

   障害があっても出来る仕事を掘り起こす

と言ってもいいかもしれません。


   『仕事を掘り起こす? どんなことをしてるの?』


それでは、掘り起こして、仕事を創り出す活動をご説明しますね。

ある程度の規模の企業は、一定割合以上の障害のある方を雇うように決められています。

しかし、

   「障害のある方にお願いできる仕事がなくて・・・」

という企業もあります。

でも、本当に、障害があってもできる仕事はないのでしょうか?
障害があってもできる仕事が見えていない場合が多いのです。

支援センターでは、そういった企業に対して、

   ⇒ 障害があっても出来る仕事を 『 提案 』

しています。

会社の中には、さまざまな仕事がありますね。
支援センターでは、それぞれの会社の仕事の内容を詳しく聞きます。

そして、まず、

    ⇒ 仕事の中にある作業を分解して、
    ⇒ 障害者ができる仕事を見つけ出し

ます。

    『それって、しごとの掘り起こしですね』

その通りです!

更に、

    ⇒ 掘り起こした作業を組み立て直す

という活動です。


   『わかった! しごとを創り出すってことですね!』


そういうことなんです。

そうしてまとめた内容を、障害のある方でもできる仕事として企業に提案しています。

ハローワークの求人情報だけではなく、支援センターでも新しい仕事を開拓しているんですよ。

支援センターを頼りにしてくださいね。


  『でも、障害者を採用する側も不安じゃないのかな?』


確かに、それはあります。

会社側の不安を取り除くために

         ⇒ トライアル雇用

という制度があります。

まずは、短い期間だけ働いてもらって、会社側にも「大丈夫だ!」と安心して本採用してもらうための制度です。

詳しくは、まずはトライアル雇用のページでご説明しますね。


就職をバックアップするために、状況に応じていろいろなサポートができます。

支援センターと協力して、じっくり就職先を探しましょう。




⇒■まずはトライアル雇用
←■ジョブコーチがいるから安心